<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

遊べや遊べ、もっと遊べ

バイオミミクリーという言葉をご存知でしょうか?
生物模倣工学と訳すのが一般的だと思います。
同じような意味でネイチャー・テクノロジーという言葉もあります。

生物の体の構造や生態を応用して環境に負荷のかからない工業製品生み出す技術です。
以前からこの分野に興味を持っていたのですが、この分野の第一人者である東北大の石田秀輝教授が
秋田に来られたのでお話を聴いてきました。
周りはスーツ姿のビジネスマンばかり、普段着の私は場違いな感は否めませんでしたが、まあいいんじゃないかと思いました。

だって演題が『遊べや遊べ、もっと遊べ〜環境も人も豊かにする暮らしのかたち〜』ですから。

More  続きはこちら
[PR]
by maco4459 | 2011-01-29 14:54 | 日々のこと

ぷちかまくら

e0161650_17553534.jpg

地球温暖化って本当なんでしょうか?
毎日すごい雪です。
我が家の庭も大変なことになっています。
除雪の息抜きに子供と一緒にかまくら灯籠をつくってみました(^^)v
e0161650_14362565.jpg

舞い落ちる雪の蛍が綺麗です。

そう言えば、自分が子供だったころ、家の裏庭に父親が除雪した雪を集めてそり遊びの坂を
作ってくれたことを思い出しました。

時は流れて今自分が息子に同じことをしているのって、なんか不思議です。
彼も遠い将来、同じことをするのでしょうか。
そうあって欲しいものです。
[PR]
by maco4459 | 2011-01-24 14:36 | 日々のこと

半泥子の井戸茶碗

e0161650_12513564.jpg

銘『さみだれ』

およそ技巧の作為をほとんど感じさせない風情。
後にこの作品を目にするであろう他者を意識した媚やへつらいが微塵も無い。
清列な潔さを感じる。

居合いの抜刀のようにほんの一息でろくろを挽き、ほんの一息で高台を削ったに違いない。
そこから半泥子の精神性が十分に発露している。
精神性という言葉をコスモロジーと置き換えても良い。

細川護煕さんは作陶を『禅的な行為の所産』と表した。
半泥子もまた若き日に参禅の日を重ねたと言う。
名利を求めずただ自らの魂の充足を求めて作陶したのだろう。

(※写真は『陶磁郎31』より転記させていただきました)
e0161650_2330128.jpg

[PR]
by maco4459 | 2011-01-16 12:53 | 川喜田半泥子