<   2008年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2008年の終わりに

いろいろあった1年ももうすぐ終わろうとしている。

何はともあれ、家族が健康で過ごせたこと、それが何よりだ。

当たり前と思っていることが、実は有り難いことに気づき、感謝できるようでありたい。



e0161650_2361963.jpg

                    エゴン・シーレ 「四本の樹」
[PR]
by maco4459 | 2008-12-31 23:00 | ごあいさつ

祝杯

年内の仕事も一段落。
怒濤の忙しさだったが、なんとか乗り切った。
自分自身におつかれさん。

息子の受験も無事終わる。
めでたし、めでたし。006.gif
家族が寝た後、藤田長夫さんの盃で乾杯!
e0161650_044241.jpg

『大綱の響』という酒は職場の先輩Sさんから頂いたもの。
ネットでいろいろ調べたら年2回の限定生産品で発売後1ヶ月に完売するらしい。
Sさんは蕎麦打ちが趣味の方で、拙作の蕎麦どんぶりを謹呈したお礼に頂いた。
(^^)V 美味い。☆☆☆
[PR]
by maco4459 | 2008-12-28 00:04 | 日々のこと

クリスマス

Marry Christmas!
May peace be in our world.

e0161650_020520.jpg

[PR]
by maco4459 | 2008-12-25 00:20 | ごあいさつ

小早川隆景の箴言

毛利元就の三男、小早川隆景は遠謀深慮の智将として知られ、天下人秀吉に重く用いられた。

佑筆に火急の用件を書かせるとき、『急用である。静かに書け』と諭したと伝えられるが、これは隆景の慎重な性格をよく表している。

隆景が自らの人生観を語ったとされる言葉がある。

    『人生は夢の間のことなれば

現実を冷静に見極める判断力の冴え。
隆景は天高くから俯瞰するように自らの人生を眺めていたのだろう。
e0161650_2333549.jpg

秀麗な容貌、沈毅英邁な性格、宏量にして鋭い才知。
隆景があと3年長く生きていれば、果たして家康の天下はあったであろうか。
[PR]
by maco4459 | 2008-12-23 23:03 | 歴史

半泥子の美意識

 お角力(すもう)さんには  どこがようて惚れた 稽古帰りの乱れ髪

半泥子の美意識の根本はここにある。
紋付袴の折り目正しい姿も無論悪くはない。
だが、稽古帰りの乱れ髪には生命のすべてを燃焼し尽したあとのさわやかさがあり、
のびやかさがあり、不思議な明るさと色気がある。
人も器もつねにそうでありたい。      
[PR]
by maco4459 | 2008-12-21 12:18 | 川喜田半泥子

ビアカップ/吉村昌也

ギャラリー・シェーネさんから3年前に購入。
吉村さんは、ずっと粉引にこだわって作り続けてきた。
その独自の世界はいまや『吉村粉引』として確立されている。

e0161650_13455887.jpg

『もうずっと粉引ですね。いろんなうるさい人にあれこれ言われて、たとえば「本当の粉引はよく焼いたもので決してマットなものじゃないよ」とか「これは本当の粉引とは違う」とかね…それに挑戦しているだけであっという間にここまできました。
 いわば脱サラの一人です、ぼくは。外語大のフランス語科を出て住友商事に入ったんだが、4年間勤めて自分はサラリーマンには向かない人間だとわかった。同じ一生なら自分が打ち込めるものに生きたい。それで会社を辞めました。
「よく見ればなずな花咲く垣根かな」とい芭蕉の句があるでしょう。なずなはご承知のとおり、ペンペン草のこと。あんなものでも見る人が見れば何とも言えず美しいじゃないですか。ぼくの「なずな窯」という命名の由来はそういうことです』
[PR]
by maco4459 | 2008-12-20 13:46 | 陶芸

運命の力/フジ子・ヘミング

私のピアノはテクニックで弾くというものではない。音の一つ一つに色をつけるように弾くのだ。
世の中には、いくらでも器用に、まるで機械のように正確に弾くピアニストがいるけど、私は違う。
完全なのは嫌い。
人間のすることだから、間違ってもいいと思う。

私は自分の弾くリストの『ラ・カンパネラ』がいちばん好き。
鳴り響く鐘の音を模した曲。
ぶっ壊れそうなピアノの演奏があっていいじゃない?
私は機械じゃないんだから。

e0161650_045028.jpg

[PR]
by maco4459 | 2008-12-18 23:54 | 読書日記

東山魁夷の絵

学生のとき一人暮らしをしていた。
6畳1間の安アパートだった。

もともと独りが嫌いじゃないので自由を謳歌していたが、
周期的に猛烈な孤独感に襲われた。
淋しいというより、心に錐で突き刺されるかのような『痛い』孤独感だ。

あるとき、東山魁夷のポケット文庫をもらった。
たしか新聞の契約の記念品だったと思う。
この画集を見ているとなぜか心がゆっくり、じんわり温かくなるのを感じた。
美術というか芸術が人間の生活になぜ必要なのかを悟った瞬間だった。
e0161650_0111113.jpg
e0161650_0113013.jpg
e0161650_0114230.jpg

[PR]
by maco4459 | 2008-12-18 00:11 | 随想

エゴン・シーレの風景画

シーレはグロテスクな人物画で有名だが、私は風景画が昔から好きだ。
e0161650_123312.jpg

e0161650_2357361.jpg

クリムトも濃厚な男と女の世界よりも、風景画のほうがいい。
e0161650_2358942.jpg
e0161650_23582548.jpge0161650_23583724.jpg
[PR]
by maco4459 | 2008-12-16 01:23 | 随想

Don't give up/Peter Gabriel & Kate Bush

ケイト・ブッシュの歌声には癒される。
妖精のように温かく包みこむような透明感のある声。

Don't give up.
You should have a friend.
Don't give up.
I know you can make it good.
Don't give up.
You are not the only one.
Don't give up.
You have still us.
Don't give up.
We are proud of who you are.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rest your head. You worry too much.
Please don't give up.

ピーター・ガブリエルの野太い朗々とした叫びに
ケイト・ブッシュの母性のささやきがシンクロしていく。
とても美しい楽曲だ。
[PR]
by maco4459 | 2008-12-16 00:42 | 音楽