カテゴリ:随想( 48 )

大きなマイナスは大きなプラスを孕んでいる

運命曲線というものがあるとしたら
大きな飛躍を遂げた人の少し前の運命曲線
そこには落ち込んでいる時期があったはずだ

大切なものを見失っている時
おろそかにしている時

神様はきっとその人に気づかせるために
大きな試練を与えてくださるのかもしれない

その恩寵に気づき

確かな小さな一歩をコツコツと
再び歩み始めた時

きっと大きな飛躍の時が始まっている

成果が見えなくても
不安に怯える必要はない

夜明け前が最も暗いように

あなたが再び輝く時は
きっともうすぐ近くまで来ている
[PR]
by maco4459 | 2017-07-22 01:18 | 随想

Be yourself no matter what they say

『I love you.』

英語教師だった夏目漱石は『今宵は月がきれいですね』と訳したのだとか。

今朝、車を運転していたら、ラジオでStingの『Englishman in NewYork』がかかっていた。

『Be yourself no matter what they say』というフレーズが耳に残った。

さて、夏目漱石だったらこれを何と訳すのだろう。

『桜のようでありたいものですね、人も』ではどうか。

何故、桜なのか。

『先生、ちょっと意訳が過ぎませんか?』

と生徒に尋ねられるかもしれない。

漱石先生は意訳の意図を優しく説明する。
『人は桜を見て、懸命に咲く、咲き誇ると表現します。
私はそうは思いません。
桜は自分が咲くこと、花をつけることを知り、その時が来れば加減もせず
力むこともなく、すべきことを淡々としています。
誠実に凛と咲き、潔く散る。
人の生き方で例えるなら何とも美しいものではないでしょうか。
誰かが見ていようと、見ていまいと、何と言われようとも自らやることを黙ってやる。
私もそんな風に生きたいと思っていますが、なかなか難しい。
どうです?
あなたもそんな風に生きたいと思いませんか』
[PR]
by maco4459 | 2015-11-08 11:50 | 随想

今を生きる

『今』のその判断がベストであるように、
これからの『今』を生きること。
それが『今』の自分にできること。

[PR]
by maco4459 | 2015-10-03 08:25 | 随想

心花(ときめき)の勘違い

心花と書いて『ときめき』と読ませることがあるそうだ。
文字通り心に紅い薔薇のような花が咲くこと。
そんな出来事が生きていると稀にはある。

10年くらい前だったと思う。
秋田大学に櫻井よしこさんが講演に来ることを知り、それこそ心をときめかせて行った。
櫻井さんは今も昔も私の憧れの人である。

真っ黒なスーツに身を包み、胸には紅い薔薇を挿して颯爽と登壇した櫻井さん。
講演の内容は今になってはすっかり忘却の彼方だ。

1時間くらいの講演がおわり、
質疑に移ると日教祖の関係とおぼしき人物が教科書検定の問題について執拗に意地の悪い質問をはじめた。
櫻井さんは一瞬『またか』という表情をしたが、それでも丁寧にかつ淡々と受け答えていた。
次に『私、昔から櫻井さんのファンなんです!』という若い女性が声を震わせて席を立った。

係りの人が『もうそろそろお時間ですので』と終わりをアナウンスした。
その時だった。
櫻井さんは『そうですね〜若い男性の方から何かお聞きしたいですね』とにっこり微笑み会場を見渡した。
そして私と視線があった。
30秒ぐらい目と目のやりとりが続いた。
私に質問を促してくださったのだろうか?
大いなる勘違いか?

手を挙げて発言する勇気はなかった。
せっかく櫻井さんとお話しできるチャンスだったかもしれないのに。

櫻井さんが私を見ていたのか、それは謎だ。
でもこんな勘違いはなんだか思い出してもほのぼのとするのである。
e0161650_23354476.jpg

[PR]
by maco4459 | 2013-01-16 23:39 | 随想

最高のプロダクツは自分

彼にとって最高の創造物はMacではない。スティーブ・ジョブズ、彼自身だ。

[PR]
by maco4459 | 2011-10-10 20:38 | 随想

最初の選択で間違いない

知識を得たり
経験を積んだりすれば

賢明な選択ができると思いがちだけど

真白なキャンバスのような
心がニュートラルな状態で
最初に選んだものが

最善の選択であるような気がする
[PR]
by maco4459 | 2011-08-27 23:57 | 随想

ホームにて

来る日も、来る日も雪の日が続いています。
ぼんやりと、舞い落ちる雪を窓から眺めていると、この曲が思い浮かんできました。


高校時代、勉強(居眠り)をしながら、みゆきさんのオールナイトニッポンを聴いていました。
そのエンディングに流れていた曲。

素朴で、優しくて、透き通っていて、そして、どこか懐かしくて………。
一つ一つ歳を重ねるうちに、この曲の良さが解ってきたような気がします。
[PR]
by maco4459 | 2011-02-11 11:03 | 随想

天に向かってそろばんを弾じく

ああ、酔いが廻ってきたようだ
『またいつも講釈がはじまった』なんて言わないでくれよ

俺は
人の顔色をうかがったり
目先の損得勘定でそろばんを弾いて生きたくはない
このちっぽけな頭を使って小賢しく身を処したって
お天道様はちゃんとお見通し
だから、
俺は天に向かってそろばんを弾いて生きていきたい

もちろん死ぬときは差し引き収支ゼロが目標だが
……もしかしたら、いや、おそらく大赤字かもな
でも、まあ、それが俺らしくっていいだろ?

世の中、成果主義だの損益計算、利益率、費用対効果、小利口に生きるための技巧が大流行り
俺はいち抜けた
そんなお利口さんのお勉強してるほど暇じゃあない
だいいち、酒を呑む暇がなくなっちまうじゃないか
馬鹿でいい、馬鹿がいい

『もっと要領よく生きろ』ってあんたは言うけど
俺の人生劇場の舞台はピカピカのホールなんか似合わない
場末の薄汚れたキャバレーでいいのさ
そこで華麗にそして優雅に大きな馬鹿を演じ切ってやるさ

俺の芸を見て
客は腹を抱えて笑うだろう
もしかしたら『引っ込め!』ってビールを掛けられるかも知れない
でも俺はにっこり笑って『ごちそうさんです』って言うよ
それもとびきりの笑顔でね

それが粋ってやつだろう
そんな生き方してる格好いい大人がめっきりいなくなった
昔はそこらじゅうにいたもんさ
天に向かってそろばんを弾いてる粋人がね

なんだ、盃が空いてるじゃねえか
もう一杯いくかい?
[PR]
by maco4459 | 2010-11-11 20:33 | 随想

根岸教授からのメッセージ

Pursue your lofty dream with eternal optimism.
遥かに高い夢を追いなさい。永遠の楽天主義を持って。

新たな知見を得るための化学の実験は99%が失敗のはずだ。
一度や二度の失敗でメゲていたら身が持たない。
『永遠の楽天主義』とはそういうことなんだろう。
根岸先生はそれほどまでに化学を愛しているのだろう。
e0161650_8201682.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-11-07 08:22 | 随想

山繭(やままゆ)

Cocoon can not move , also fly , speak , see, hear , smell,・・・・・・.
But cocoon have a lot of richness in own inside body.
e0161650_19443265.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-10-07 19:46 | 随想