カテゴリ:ごあいさつ( 9 )

今年もお世話になりました

ほとんど更新できないブログにご訪問くださった皆様、ありがとうございました。
来年は……定期的に更新したいと思っております(汗)
良い年になりますように。
e0161650_9134127.jpg

[PR]
by maco4459 | 2012-12-31 09:14 | ごあいさつ

謹賀新年

新しい年を迎え
  皆様のご健康とご多幸を心より
        お祈り申し上げます。

今年の干支は龍。
龍神は水の守り神。
今年は平安な海が戻りますように。

e0161650_15575531.jpg

[PR]
by maco4459 | 2012-01-01 15:57 | ごあいさつ

上高地から愛をこめて

毎日暑いですね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
家族旅行で上高地に行ってきました。
暑気払いに涼しくなる画像をお届けします006.gif
e0161650_23111226.jpg
e0161650_23104860.jpg
e0161650_23103075.jpg

[PR]
by maco4459 | 2011-08-11 23:11 | ごあいさつ

厄年を迎えて

とうとう厄年を迎えることになった

近所の神社で厄払いを済ませてきた
独りで

同級生と連れ立ってその後、飲み会に突入という企画もあった
だが、独りで行きたかった
今回は

太宰の小説ではないが『恥多き人生を歩いてきました』

自慢出来るものも誇れるものもないが、家族に恵まれ、多くの支えてきてくれた人に感謝したい

これまで歩んできた人生という道の途中で

知らずに傷つけてきた人に
『ごめんなさい』

知らずに助けてもらっていたかも知れぬ人に
『ありがとうございました』

そして今、自分を支えてくれている人に
『これからもよろしく』(^^)
e0161650_128388.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-02-21 12:11 | ごあいさつ

明けましておめでとうございます

e0161650_074495.jpg

干支土鈴/孫七窯
[PR]
by maco4459 | 2010-01-01 00:08 | ごあいさつ

謹賀新年/牛になって人間を押す

明けまして おめでとうございます。

このブログをご覧になっている方に幸多からんことを祈ります。(^^)

今年は丑年である。
夏目漱石が芥川龍之介にあてた書簡から。

 牛になることはどうしても必要です。われわれはとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなり切れないです。
 僕のような老獪なものでも、ただいま牛と馬がつながって孕めること相の子位な程度のものです。

 あせっては不可(いけ)ません。頭を悪くしては不可ません。
 根気ずくでお出でなさい。
 世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。
 うんうん死ぬまで押すのです。それだけです。
 決して相手を拵らえてそれを押しちゃ不可ません。
 相手はいくらでも後から後からと出てきます。そうしてわれわれを悩ませます。
 牛は超然として押していくのです。何を押すかと聞くなら申します。
 人間を押すのです。
 文士を押すのではありません。
 
 これから湯に入ります。

 八月二十四日         夏目金之助

e0161650_0563483.jpg

[PR]
by maco4459 | 2009-01-01 00:50 | ごあいさつ

2008年の終わりに

いろいろあった1年ももうすぐ終わろうとしている。

何はともあれ、家族が健康で過ごせたこと、それが何よりだ。

当たり前と思っていることが、実は有り難いことに気づき、感謝できるようでありたい。



e0161650_2361963.jpg

                    エゴン・シーレ 「四本の樹」
[PR]
by maco4459 | 2008-12-31 23:00 | ごあいさつ

クリスマス

Marry Christmas!
May peace be in our world.

e0161650_020520.jpg

[PR]
by maco4459 | 2008-12-25 00:20 | ごあいさつ

ブログ開設しました。

生まれてこのかた、日記を書くのには何度も挫折しているので、続けていけるか不安。
まあ気楽にいくか。026.gif

ブログの題名『我が師は半泥子』について。
半泥子は東の魯山人、西の半泥子と称される陶芸家:川喜田半泥子のこと。

この人は伊勢の名士であり大銀行の頭取でもありながら、地位や権力に拘泥せず、『秋晴れやおれはロクロの廻るまま』と飄々と唄を詠みながら、颯爽と昭和の時代を駆け抜けた。
『願わくば半泥子のように生きたいものだ』、そんな壮大な理想を掲げてみた。

笑われてもいいか。自分のブログなんだし。

e0161650_1361855.jpg

[PR]
by maco4459 | 2008-11-15 01:07 | ごあいさつ