カテゴリ:日々のこと( 93 )

草生津川逍遥

秋田市の寺内を流れる草生津川沿いの小径は、毎年秋になると目にも鮮やかな色とりどりの秋桜(コスモス)の花々が、まるでこの時を待っていたかのように一斉に咲き誇る。花々の表情は生命感に溢れて躍動し至福感に満ちている。
 秋桜の花びらの色は赤、ピンク、黄、オレンジ、ローズと多彩でまばゆくきらめき、まるで宝石箱をひっくり返したかのようだ。いつもこの小径を通るたび、不思議だったのは、目につく花びらの色、そのひとつひとつの光に得も言われぬ力があり、まるで何か意志があるかのように感じられることだった。それだけでなく、さらに何かを切々と語りかけているかのようにも思えた。想いを巡らせているその刹那に閃いたのは、まだ私が学生であったとき、父がふとした会話の中で発した『八橋の草生津川周辺にはむかし刑場があった』という言葉だった。もしかしたら、かつて刑場の露と消えた名も無き人々の魂が秋桜に姿を変えて咲いているのかも知れない。その想いはその日からしばらくの間打ち消そうとも消えずに残った。
e0161650_21171743.jpg

 それから図書館に通い郷土史の本で草生津川刑場と切支丹の関係を調べてみた。わかったことは江戸時代初期にはこの地に確かに刑場があり、幕府の発布したキリスト教禁教令により、秋田藩の多くの切支丹が殉死したという事実だった。
 この事実を知ってから、物言わずとも命の限りに精一杯咲く秋桜の花々が、私には前よりも一層健気で愛おしく思えた。何か自分の出来る事で彼等の魂を慰めることはできないものか。
 私は粘土を捏ね、殉死した切支丹の鎮魂を祈りながら観音像を造った。
そしてある晴れた日の早朝、川原に咲く秋桜の花々の中にそっと観音様を置き目を閉じて合掌した。私はこの観音像を秋桜観音と名付けることにした。

e0161650_1022144.jpg

地霊(ゲニウス・ロケ)という言葉がある。その土地に宿る霊のことだ。地霊はその地に住む人々の魂に浸透し、独特の風土を形成していく。多くの人々が生まれ育った故郷を愛し、懐かしむのは自分の魂の中に地霊が宿っているからなのだろう。江戸時代の切支丹の殉教は悲しい負の歴史であるかも知れない。
しかしながら、一途に神を信じて生を全うした切支丹の魂はきっと地霊となって私たちの魂に何かを語りかけているに違いない。その声に耳を傾けながら生きていきたいと思っている。
[PR]
by maco4459 | 2015-10-10 21:10 | 日々のこと

倉田窯の花蓮ぎゃるり2014

e0161650_8303392.jpg
e0161650_8301418.jpg
e0161650_8284928.jpg
e0161650_8282760.jpg
e0161650_828652.jpg

e0161650_8273322.jpg
e0161650_8272095.jpg
e0161650_827441.jpg
e0161650_826141.jpg
e0161650_826344.jpg
e0161650_8254079.jpg

e0161650_836539.jpg
[
e0161650_8374154.jpg
#IMAGE|e0161650_8364045.jpg|201408/15/50/|mid|640|480#]
e0161650_8355898.jpg
e0161650_8354188.jpg
e0161650_8352681.jpg
e0161650_835772.jpg
e0161650_834542.jpg

[PR]
by maco4459 | 2014-08-15 08:30 | 日々のこと

束の間の涼を求めて

e0161650_17141067.jpg

にかほ市象潟の元滝に行ってきました。
[PR]
by maco4459 | 2013-08-24 17:14 | 日々のこと

宣庵にて

嵐のように忙しかった4月も今日で終わり。
千秋公園の茶室・宣庵の庭の切り株に腰掛けてひとり桜を愛でる。
愛用の井戸茶碗・俄羅奢(ガラシャ)にて一服。
細川ガラシャは戦国の世で絶世の美女と言われたが、幼少の頃は
お玉と呼ばれたその名のとおり愛くるしい美少女だったのだろうと思いを馳せる。
俄羅奢をぼんやりと眺めていたら、あどけない笑顔をたたえた美少女の面影が浮かんできたので
桜の小枝を手折って髪飾りをしてあげてみた。
e0161650_16102036.jpg

[PR]
by maco4459 | 2013-04-30 16:13 | 日々のこと

雪の晴れ間に

寒いことが、人の心を温かくするんだ。
離れていることが、人と人とを近づけるんだ。
                     星野道夫
e0161650_132030.jpg

[PR]
by maco4459 | 2013-02-09 13:02 | 日々のこと

ゆる〜い空気感

凍てつく氷点下の冬の夜。
ここだけは別世界。
呑み助のカラスたちが集う森。
e0161650_20272563.jpg

熱いモツ煮込みをハフハウしたあと、キンキンに冷えたビールを喉に流し込む。
e0161650_20271319.jpg

雪国に生まれてよかった〜068.gif
e0161650_20265310.jpg

[PR]
by maco4459 | 2012-01-27 20:27 | 日々のこと

俄羅奢で一服

嵐のように忙しかった仕事が一段落しました。
職場の同僚のAさんのご紹介で茶道を習っている方のお宅にお招きいただき、愛用の井戸茶碗・俄羅奢で一服いただきました。
e0161650_23492742.jpg

[PR]
by maco4459 | 2011-12-13 23:52 | 日々のこと

倉田窯の花蓮ぎゃるり2011

残念ながら今年の花蓮を観る会には行けませんでしたが、写真をお借りすることができたのでUPします。
Web版『花蓮を観る会に』みなさまようこそ056.gif
e0161650_22201159.jpg
e0161650_22194547.jpg
e0161650_2219130.jpg
e0161650_22183425.jpg
e0161650_22173674.jpg
e0161650_22171471.jpg
e0161650_22164528.jpg
e0161650_22161742.jpg
e0161650_22155482.jpg
e0161650_22152651.jpg
e0161650_2215410.jpg
e0161650_22144329.jpg
e0161650_22141641.jpg

[PR]
by maco4459 | 2011-10-12 22:20 | 日々のこと

草生津川コスモスロード2011

e0161650_1752185.jpg

So many man,so many minds.
e0161650_17515984.jpg

Regrets will not mend matters.
e0161650_17514157.jpg

Seconds thought are best.
[PR]
by maco4459 | 2011-10-11 17:56 | 日々のこと

紅い薔薇は希望の徴(しるし)

我が家の庭の紅いミニ薔薇が咲いた。

薔薇の花に心惹かれるようになったのはいつからだろう。
まだ若かったころ、人生の扉の四方八方どこを叩いてもまったく開かない時代が続いた。

そんなとき書店に行ってポケット版の薔薇の写真集を買ってきて独りぼんやりと眺めていた。

とくに紅い薔薇は希望の徴(しるし)のように思えた。
e0161650_17324221.jpg


薔薇というと思い出す小話がある。

今は亡き女優・夏目雅子さんは伊集院静氏のどこに惚れたのか。
『薔薇』という漢字をスラスラ書けたのを見た瞬間だったという。
[PR]
by maco4459 | 2011-06-28 10:21 | 日々のこと