人気ブログランキング |
<< 雪の予報 灯油窯再生計画 >>

ベートーベン ピアノソナタ 月光

数年前までピアノを習っていた。

幼稚園や小学生の坊ちゃんやお嬢さんに混じって発表会にも出た。
当時の先生に勧められてベートーベンのピアノソナタ月光第一楽章を演奏した。
第一楽章は夜、静かな湖面に映った月をイメージさせる静かで幻想的な曲だ。


『月光の夏』という邦画がある。
太平洋戦争末期の知覧特攻隊飛行場から、まさに明日、出撃せんとする主人公の特攻隊員
は東京芸大のピアノ科の学生。

今生の最後にと基地を抜け出し、近くの小学校においてあったピアノを弾く。
それがこの曲。

主人公が弾く第3楽章を聴いたとき、全身に衝撃が走った。
人間業とは思えない打鍵の早さ。
哀愁をたたえながら、熱情が奔流となってほとばしる旋律。060.gif

この曲を弾き終えた主人公は真夜中を線路づたいに基地に戻り、翌日太平洋に露と散る。

最近YouTubeでウイルヘルム・ケンプのプレイを観た。
こちらもすごい。
いかにもドイツ人らしい正確無比で堅実な運指。
紡ぎだされる音楽には気品と誇りが漂っている。
正真正銘のホンモノだ。
by maco4459 | 2008-11-16 21:11 | 音楽
<< 雪の予報 灯油窯再生計画 >>