<< framelessな生き方 私小説『馴染みの焼き鳥屋で』 >>

盃を愛でる 第七夜

備前というやきもの魅力に長い間気付かなかった。
自分で陶芸をするようになって、土の素材にこだわるようになって、はじめて備前の魅力に気付いた気がする。

伊勢崎競さんの可愛い花紋が刻まれた盃。
小振りだが驚くほど酒が入る。

競さんも左党に違いない。
e0161650_0231947.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-03-10 00:23 | 日々のこと
<< framelessな生き方 私小説『馴染みの焼き鳥屋で』 >>