<< 私小説『馴染みの焼き鳥屋で』 盃を愛でる 第五夜 >>

盃を愛でる 第六夜

自作の酒杯。
信楽の白土に透明釉を掛けたもの。
底にターコイズブルーのビードロが溜まっている。
エーゲ海の白浜に打ち寄せるさざ波のようでもある。(ちょっと褒め過ぎか)
今宵も心地よく眠りにつけそうだ。。。。
e0161650_071268.jpg
e0161650_07244.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-03-06 00:07 | 日々のこと
<< 私小説『馴染みの焼き鳥屋で』 盃を愛でる 第五夜 >>