<< 盃を愛でる 第六夜 唐津の陶片が秋田にも >>

盃を愛でる 第五夜

粉引きの化粧掛けは書の筆さばきと似ている。
作為がありすぎれば線に勢いがなくなるし、作為が無さ過ぎれば品がなくなってしまう。
e0161650_22314679.jpg

藤田長夫さんの粉引平盃。
アイボリーホワイトの白化粧が苔茶色の胎土によく映えている。
だんだん酒が沁みていい盃に育ってきてくれている。026.gif
e0161650_22324088.jpg

[PR]
by maco4459 | 2010-03-02 22:33 | 日々のこと
<< 盃を愛でる 第六夜 唐津の陶片が秋田にも >>