<< 大和撫子の心映え ダーグ・ローリの湯呑み >>

半泥子と唐九郎

以前『西の半泥子、東の魯山人』と書いたことがあった。
近代日本の陶芸を語るとき、やはりこの人を抜きにしては語れない。
加藤唐九郎。
半泥子と唐九郎には蜜月時代があった。
しかしそれは長くは続かなかった。
お互いに言い分がある、しかし真実は本人同士にしかわからない。
e0161650_16444730.jpg
e0161650_1645101.jpg

[PR]
by maco4459 | 2009-06-08 16:45 | 川喜田半泥子
<< 大和撫子の心映え ダーグ・ローリの湯呑み >>