人気ブログランキング |
<< 真田佐衛門の道具 素数夜曲/吉田武 >>

敗者たちのアジール①院内銀山

邦内仙北郡六郷の駅に小西伝市郎と云へる豪富の者あり。元は百姓なりしが今は立身して郷士となれり。元此者の先祖は小西摂津守行長の子孫にして正しき由緒あり。汁物に行長朝鮮陣の時着用の鎧を蔵せり。初は公儀を憚りて小西の名をかくせしが、近来初めて小西を名乗れり。行長関ヶ原敗れてより生捕りとなりて誅せらる。宇治の城に妾服の男子有りしを、家臣木戸某ひそかにかくして忍び出、乞食と身をやつし、山林にかくれ、辛うじて当国に下り、院内の銀山に潜居せり。其の後程たちて六郷村に移住せりとなり。尚伝来の品々これ有る由なれども、予いまだ一物も見ざる也。追々委しく糺さんと欲す。
『新秋田叢書(八)』

小西行長は慶長5年、西軍の首謀者である石田三成、安国寺恵瓊とともに京の六条河原で斬首された。 
by maco4459 | 2009-05-18 19:53 | 歴史
<< 真田佐衛門の道具 素数夜曲/吉田武 >>