<< 茶碗を割るのは… 春の夜のジャズふたたび >>

ルーシー・リーと小嶋千鶴子

今日のNHK『新日曜美術館』はルーシー・リーの特集だった。
奇しくも昨日のブログで「小嶋千鶴子はオリジナルのルーシー・リーを凌駕している」と書いた。
しかし、ルーシーの生涯、作陶への想い、そして優品の数々を三宅一生氏の言葉から聞き、改めてルーシーの偉大さを知った。

どちらかオリジナルか、どちらか模倣かを語り、評するなど詮無いことだ。
ルーシー・リーも小嶋千鶴子もどちらも素晴らしい。
それでいいのだ。
e0161650_10105888.jpg
e0161650_10113391.jpg
e0161650_10114619.jpg
e0161650_10114252.jpg
e0161650_10115479.jpg

[PR]
by maco4459 | 2009-04-19 10:15 | 陶芸
<< 茶碗を割るのは… 春の夜のジャズふたたび >>